学校法人ワオ未来学園 ワオ高等学校

学校法人ワオ未来学園 ワオ高等学校

  1. ワオ高等学校
  2. ワオ高について
  3. 理事長挨拶

理事長挨拶

豊かな教養と正しい心をもって自らの幸福を求め、社会に貢献する。そんな人を育てたい。

学校法人ワオ未来学園 理事長
西澤 昭男

2021年4月、まったく新しい通信制の高校「ワオ高等学校」を岡山市に本校をおいて開校します。

母体とする(株)ワオ・コーポレーションは、1976年の創立以来「能開センター」「個別指導Axis」を全県に展開、「オンライン家庭教師」「知育ゲーム ワオっち」「アニメーション制作」などの活動を通して、学校教育を補完してきました。

しかし、21世紀に入って20年、日本の教育はデジタル化、グローバル化の波にのり遅れ、先進国の中で「教育後進国」といわれるまでになりました。
海外留学生の激減、30万人とも予測されるAI人材の不足、そして、東大の順位が36位(THE 世界大学ランキング2020/京大は65位)となり、アジアの中でも中国やシンガポールの有名大学の後塵を拝している状態です。

「今の教育を変えることはできないか?」
ワオ高校の設立はそんな思いが結実したものです。

ワオ高校の第1の特色は、通信制で、すべてがオンラインの学びであること。小学・中学・高校での「学校‐教室‐一律の集団授業」になじまない生徒、自分の好きな分野をもっと早く、もっと深く学びたい生徒、そして、通学に時間がかかりすぎる生徒などには、最適な学校です。当然、時間的余裕の中で、大学への進学や留学の準備に集中的に取り組める制度もあります。

ワオ高校の第2の特色は、オンラインのシステムに、私たちが「オンライン・アクティブ・ラーニング」と名付けた最新のテクノロジーを取り込んでいることです。生徒は一つのテーマについて講義で学び、自分で調べ、先生や全国の生徒と議論し、時にはわからないところを教え合う――、それらをオンライン上の最新テクノロジーを駆使して進めていくのです。

ワオ高校の第3の特色は、履修科目にリベラルアーツ(真の教養)として「哲学」「科学」「経済」を加えていることです。「哲学」では自分や世界についてよく考え、自己肯定感や志の大切さを学び、「科学」では、自然科学と数理科学について様々な探究をし、「経済」ではお金を通して経営や起業のことを学ぶことができます。

ワオ高校は、それらの特色ある学びを通して、日本人に弱いとされる「思考力」「表現力」「創造力」「問題解決力」を培い、自立心を育んでいきます。
年2回のスクーリングを岡山で行うほか、全県の県庁所在地の「Axis指導センター」で「生」の人間交流もすることができます。

2021年、世界が大きく変わろうとするその時、私たちのワオ高校は始動します。