学校法人ワオ未来学園 ワオ高等学校

学校法人ワオ未来学園 ワオ高等学校

  1. ワオ高等学校
  2. ブログ
  3. 【ワオ留学フェス】第2回セミナー「~奨学金~返済不要奨学金でアメリカ大学留学を目指す!」を開催しました!

ブログ

2022/07/28英語・留学キャリアマネジメント

【ワオ留学フェス】第2回セミナー「~奨学金~返済不要奨学金でアメリカ大学留学を目指す!」を開催しました!

 

海外への留学を考えるとき、「お金」というテーマは避けて通れないものです。

留学には様々なプログラムがあり、滞在方法によってもその費用は大きく変わってきますので、どこにどういったお金が必要なのか知ることが大切となります。

 

今回の留学フェスは【第1部】【第2部】の二部構成で開催。気になるけどなかなか知ることができない「お金」という分野について、詳しく解説していただきました。

 

6月18日に開催された第1回セミナーの開催レポートはこちら>

 


【第1部】「最初の一歩セミナー ~留学したい人、何からはじめたらいい?~」


【第1部】はワオ高校のご紹介と、本校留学アドバイザーの小室 桐子(こむろ きりこ)さんによる「最初の一歩セミナー ~留学したい人、何からはじめたらいい?~」を実施しました。

 

セミナーでは、留学先の国の選び方の1つに「生活費や家賃、物価を調べてみる」ということが紹介されていました。これがまさに留学とお金に関するテーマの一つです。

 

ここでみなさんに1つお聞きします。

日本(東京)の物価は世界で何番目だと思いますか?世界的に高いのか、それともそれほど高くないのか…。

 

 

セミナーの中で紹介されていた調査結果では、東京の物価は「35位」となっていました。日本の物価がそれほど高くなく、むしろ海外における物価が高いことがわかりますね。

このように、留学に必要な費用の中の「生活費」から留学先を考えてみることも、留学の最初の一歩なのです。

 


現地での生活を「外食費」からイメージしてみる


 

さらに、物価の一つの具体例として「外食費」についてのデータも紹介されていました。

日本とアメリカの物価を比較したデータからは、いかにアメリカでの外食が超高級な食事になるのかが想像できます。

 

気軽にファーストフードで食事をするなんて生活はなかなかできそうにありませんね。

留学先がアメリカだったらどんな生活になるのか…。外食ではなく自炊をしながら現地で生活をしていくスタイルが一般的といったお話も納得でした。

 


【第2部】「~奨学金~ 返済不要奨学金でアメリカ大学留学を目指す!」


【第2部】ではゲストスピーカーに、グローバルスタディ海外留学センター・海外留学推進協会留学カウンセラーの石丸 賀久(いしまる がく)さんをお迎えし、「~奨学金~ 返済不要奨学金でアメリカ大学留学を目指す!」というテーマのセミナーを実施しました。

 

アメリカへの留学と聞くと「費用が高い」というイメージを持たれている方が多いかもしれません。

そんなアメリカへ奨学金プログラムを活用して留学してみるという選択肢をご紹介いただきました。

 


アメリカ大学留学ってどんな留学?


 

石丸さんによるとアメリカの大学は「質が高い」そうです。

「世界高等教育システムランキング」のデータや、アメリカの大学生と日本の大学生の学習時間の違いを紹介いただき、アメリカ大学留学がいかに学ぶことへとつながるのか納得することができました。

 

また、奨学金プログラム出身者の具体的な進路についてもお話しいただきました。

そこでは、高校生活のほとんどをアルバイトをしながら送っていた学生が学校での学習にもしっかりと取り組み奨学金プログラムに参加したという例が紹介されていました。

 

セミナーの後半でもお話しいただきましたが、学校での学習にしっかりと取り組めていたかどうかはご紹介いただいた奨学金プログラムのみならず、留学を考えている人にとってとても重要なものになってきます

日頃の学習への取り組みにも目を向けていかなければならないということですね。

 


アメリカ大学奨学金プログラムについて


今回のセミナーでご紹介いただいた奨学金プログラムは返済不要で授業料・寮費・食費の半分程度が支給されるというものです。

このプログラムのシステムを「FA宣言スタイル」にたとえて石丸さんに説明していただきました。

 

出願者は成績証明書、エッセイ、推薦状などを奨学金プログラム運営団体へ提出

提出されたもの(成績証明書など)を使って複数の大学からオファーを募る

複数の大学から出願者にオファーがくる

 

いかがでしょうか。

とてもわかりやすいプログラムで、複数の大学からオファーがくるという点はとても魅力的ではないでしょうか。

石丸さんによると、学校での成績(評定平均)によってオファーの大学数が大きく変わってくるそうです。

多くの大学から自分の希望により近い大学を選ぶことができる点もこのプログラムのメリットの一つですね。

 

 

最後にプログラムの特徴を詳しく説明していただきました。

特に、留学経験の有無が年収差につながっているというデータは具体的な数字が出ており、とても印象的でした。

 

セミナーに参加されたみなさんは、アメリカ大学留学という経験が大きな成長につながるということをご理解いただけたのではないでしょうか。留学経験と年収との関係にも納得されたのではないかと思います。

 


留学で何を学ぶのか


留学には費用がかかるものですが、それだけの費用をかける価値があるものにできるかどうかは、現地での学びをいかに深めていけるかにかかっていると言えるでしょう。

また、留学に挑戦するきっかけとして奨学金プログラムの情報も大きいと思います。

 

今回の留学フェアは留学にかかる「お金」というテーマでしたが、どのように留学を実現し、何を学ぶために留学をするのか考える機会になったのではないでしょうか。

 

「中高生のためのワオ高留学フェス」トップページはこちら>

 

2022/07/28英語・留学キャリアマネジメント