学校法人ワオ未来学園 ワオ高等学校

学びに、自由を。学校法人ワオ未来学園 ワオ高等学校

  1. ワオ高等学校
  2. ブログ
  3. プログラムの特長(大学受験策プログラム)

ブログ
blog

一覧へ戻る

2020/12/17大学受験

プログラムの特長(大学受験策プログラム)



受験に強い個別指導学習塾と提携


ワオ高校の大学受験対策プログラムは、通信制高校の自由な学び方との相性のよい個別指導型の塾を選びました。一人ひとり個別の学習プランと学習スケジュールを作成し、大学ごと学部ごとの入試対策をサポートします。



個別指導Axis(アクシス)Axisオンラインは、ワオ高校の母体である株式会社ワオ・コーポレーションが運営する個別指導塾で、全国47都道府県に展開しています。


個別指導アクシスの特長


  • 全国47都道府県、すべてに教室があるため、お住まいの地域に限らず教室での直接指導を受けることができます。
  • 難関大学の受験指導経験が豊富な講師や、現役の東大生・京大生など、受験のコツを知りつくした講師からの指導で、多様な受験への対策を提供します。
  • 1対1、あるいは1対2の個別指導のほか、東大生・京大生などによるオンラインのマンツーマン指導。映像講座による自学自習など、それぞれの目標と進度に合わせた選択が可能です。
  • アクシス各校に常駐している校責任者は教育のプロばかり。一人ひとりのご要望をお聞きし、最適な学習プランをご提案します。

アクシスの大学受験対策について、詳しくはこちらのページをご覧ください。


プログラムの4つの特長


47都道府県に直営展開

全国どこでもアクシスの教室があるため、お住まいの地域に関わらず、通塾いただくことが可能です。また全国ネットワークで各大学の入試の特色などの情報を収集・分析しており、大学ごとの対策に活用しています。


受験特化型進学塾のノウハウ

大学受験であれば、基礎固めから共通テスト対策、総合型・学校推薦型選抜対策、難関大二次の記述対策まで、一人ひとりに合わせた個別指導と圧倒的な演習量を積み上げられる入試対策講座で、 すべての受験に対応します。


通塾、オンライン、1対1、1対2など学びの組み合わせ自由

お住まいの地域のアクシスの教室に通い講師から直接指導を受けたり、あるいは東大・京大などの学生講師からオンラインで授業を受けたり、自分の目的やスタイルにあった学習法を選ぶことができます。


特別優待費用にて受講可

アクシスの様々な学習コースやセミナーをワオ高生の特別割引価格で受講することができます。費用はコースによって異なるので、別途ご相談ください。



自分ファーストの大学受験


これまでは、高校の定期テストや模擬試験などの結果から、行けそうな大学の中から自分が行きたいと思うところを選択していた人が多いのではないでしょうか。つまり、最初から偏差値で行きたい大学の選択肢を狭めてしまっていたのです。

大学入試が多様化し、知識型の試験の点数だけでなく、みなさんの多様な能力や経験を評価しようという動きがあるのですから、その変化をチャンスととらえ、自分のやりたいこと、自分が興味があることが学べる大学を、すべての大学を選択肢に入れて選んでください。

その上で、そこに行けるようになるための「戦略と対策」を講じればいいのです。ワオ高校では、このような大学受験のとらえ方を「自分ファーストの大学選び」と呼び、いくつもの「対策」を用意しています。



「思考力」を鍛える教養探究


高大接続改革の目玉である「(新しい)学力の三要素」の一つ「思考力・判断力・表現力」は、グローバル化し、AIが活躍する新しい時代を生きていく上で、最も必要とされる力です。

ワオ高生全員が卒業単位の一つとして受講する「教養探究教科(哲学探究、科学探究、経済探究」の授業を通して、クリティカル・シンキング(批判的思考力)など次の時代に求められる思考力や判断力が鍛えられます。従来の知識・技能の学習に加えることで大学共通入試テストなどの新しい問題にも対応できるようになります。


ワオ高校の教養探究について詳しくはこちらのページをご覧ください。



教師とキャリアカウンセラー、塾講師の3者がチームであなたの受験をサポート


ワオ高の大学受験対策プログラムが、一般的な「高校+学習塾(予備校)」と何が違うのかというと、ワオ高の教師とキャリアカウンセラー、そして、個別指導Axisの大学受験担当者が、それぞれの専門分野を活かした「チーム」として、あなたの大学入試をサポートすることです。


通常、学校の学習と塾や予備校の大学受験対策は連動していません。高校は決められたスケジュールで授業をこなし、一方で塾は限られた時間の中で、少しでも効率的に学力を上げようと工夫を凝らします。生徒の視点で考えたとき、2つの学習プログラムが別々の目的・速度・戦略で動くのは得策ではありませんでした。ややもすると学校の授業は単位を取るためと割り切って、大学受験の対策は塾の勉強1本で、となりがちです。


しかし、ワオ高では、担任の教師が生徒の一番の理解者・共感者であり、そこに、長期的視点から生徒の進路・キャリアの相談に乗るキャリアカウンセラーがいて、そして、生徒自身が定めた目標に到達するための学力向上・スキルアップのトレーニングを提案する専門家としての個別指導の講師がいます。この3者が連携して生徒の個性や生活スタイルに合わせた学習カリキュラムを組み上げます。


そのわかりやすい例が、1日の時間の使い方です。
通信制高校では、決まった時間に決まった授業を受けるのではなく、生徒自身が選択した科目の動画授業や課題提出を、自分でスケジュールを組んで行きます。一般的に通常の単位は全日制の高校に比べて短時間で取得できるため、空いた時間に個別指導の授業や自習を組み込むことで、無理なく、効率的に大学入試の準備を進めることができます。



担任、キャリアカウンセラー、塾の講師の三位一体のサポート体制は、進路の変更時にも大きな力を発揮します。生徒がやりたいこと、将来に目指す場所を変えた場合、その目標を達成するための戦略・対策も速やかに路線変更できます。それぞれの専門分野から生徒と話し合い、時にアドバイスし、共に走りぬく。この体制こそ、ワオ高校の大学受験対策プログラムの最大の特長と言えるのかもしれません。


なお、大学受験対策もオンラインで完結したい、という方のために「Axisオンライン」との連携もあります。全国どこに住んでいても、トップレベルのプロ講師や、現役の東大生・京大生などハイレベルな学生講師から1対1でのオンライン指導が受けられます。


Axisオンライン



AO入試・総合型選抜における小論文対策



AO入試(アドミッションズ・オフィス入試)とは、各大学のアドミッションポリシー(入学者受入方針)に合った生徒を入学させるための選抜試験方式で、主に高校までの実績と面接や小論文などで生徒の力を計ってきました。2020年度からはほかのいくつかの入試方式と統合され「総合型選抜」と名称変更されます。その中では一般的な学力試験なども併用されることがあります。


総合型選抜では、調査書(高校受験における内申書のようなもの)による「高校での実績」と、面接やプレゼンテーション、小論文などの課題による評価で合格者が決定されます。


中でも小論文は、大学ごとに問題の質、問われる能力が違っており、個別に対策とトレーニングが必要です。コツをつかめば誰でもかけるというたぐいのスキルではなく、何度も書いて、プロの講師の添削を受けることで、少しずつ論点の洗い出し、論理の展開などの力が身に付きます。


小論文に関してはAxisオンラインの中に小論文対策のコースがあるため、総合型選抜を実施する大学・学部への進学を希望するワオ高生には、早い段階からオンラインでの小論文対策トレーニングを始めることを推奨します。


Axisオンライン/小論文対策



関連記事


大学受験は、何が、いつ、どう変わるのか

多様で柔軟な学習スタイル(大学受験策プログラム)

プログラムのお申込みについて(大学受験策プログラム)



2020/12/17大学受験

一覧へ戻る

その他の記事